Brand

4 MARIANI

1969年、イタリアの建築家 Guido Faleschini(グイド・ファレスキーニ)が発表した TUCROMA シリーズ。

70年に及ぶ伝統とクオリティーを備えたイタリアの 4 MARIANI 社。その最高級レザーとクラフトマンシップの融合によって現代に再現されています。

MAKINO URUSHI DESIGN

牧野漆工芸は、100年以上にわたって京都に拠点を置く、漆の塗り師集団です。

金閣寺の修繕から、仏壇・仏具などへの仕上げで培った多様な漆表現。それらを現代のインテリアスタイルへ落とし込んだプロダクト開発を、topso と共同で行っています。

FontanaArte

イタリアモダンデザインの父と評される建築家 Gio Ponti(ジオ・ポンティ)がアートディレクターとして招かれたのを機に、1932年に設立しました。

以来、著名な建築家とのコラボレーションから数々の名作照明を産んだガラス界のリーディングブランドです。

BITOSSI

1536年以来、何世紀にも渡りフィレンツェ郊外で陶磁器製作を営んできた Bitossi 家による陶磁器ブランド。

1921年の工場設立以降は、建築家 Ettore Sottsass(エットレ・ソットサス)とのコレクションを含む、伝統と洗練を兼ね備えた製品を製産しています。

KANERI TOURYO

岐阜県・多治見に拠点を置く、カネ利陶土製造は、美濃地方の多様な原土をブレンドし、陶器のさまざまな表情を引き出す粘土製造会社です。

その多様な表現に秀でた土の魅力を最大限に活かしたプロダクトの開発を、topso と共同で行っています。

OBJEKTO

OBJEKTO(オブジェクト)は、フランス・マルセイユ、ブラジル・サンパウロに拠点を置くデザインブランドです。

民俗学や構成主義、機能主義などの豊かな概念を結合したブラジリアンのモダニズム作品を、ヨーロッパで製造し世界中に発信しています。

TALLUM

TALLUM(タルム)は、スウェーデンの国際的な建築家である、レヴェレンツ、アスプルンドなどのデザインによる家具の公式な生産者です。

すべての製品はスウェーデン製で、建築家の家族からライセンスを取得して高品質な家具の製造を行っています。

TATO

イタリア建築界の巨匠である Gio Ponti(ジオ・ポンティ)や、Ignazio Gardella(イグナツィオ・ガルデッラ)の親族と製品クオリティーに至るまで信頼関係を築き。

当時の美しいデザインを、高い品質を保ちながらイタリアの職人との協業により製造を行っています。

YAMAKADO

Agnès & Hiroyuki Yamakado(アグネス&ヒロユキ・ヤマカド)によって1986年、パリに設立された YAMAKADO は、製品のデザイン・製造、販売までを独自に行っていました。

代表作であるシンデレラチェアを筆頭に、ポストモダン期を象徴する作品を発表しています。

SERA HELSINKI

フィンランドのラグブランド Sera Helsinki(セラ・ヘルシンキ)は、エチオピアの障害者のために新たな産業を生み出す目的で設立されました。

現地の羊毛は一切の染色をせず自然色のまま、ハンドメイドによって一点一点に多大な時間を掛け織り上げられています。

MaruTomi

福井県鯖江市の MaruTomi(丸富漆器)は1997年、ソットサスをはじめとした、ポストモダン期を代表する様々なデザイナーとのコラボレーションを行いました。

高いクオリティーの樹脂加工と塗装技術によって、こだわり抜かれたデザインの数々を具現化しています。

Driade

設立当初から、Philippe Starck(フィリップ・スタルク)や Enzo Mari(エンツォ・マーリ)らとコラボレーションを行い、ポストモダン台頭期に成長。

イタリアが誇るアヴァンギャルドデザインの最高峰として世界中で高い評価を得ています。